グル狩りの可能性

読んでいる間、時間が経つのを忘れてくれたら嬉しいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

防御型ダークナイト&ダークナイトの魅力 - 六道のダークナイト -

6道2



今回はダークナイトの防御力と回避の重要性についてと
そして、そこから導き出したダークナイトの魅力について紹介したいと思います。

どうぞ、お茶でも飲みながら、ゆっくりとご覧ください。






ダークナイトの防御事情


ダークナイトは優秀な防御スキルが少ないです。
ここで言う防御スキルというのは、死ににくくするスキルのことです。
つまり、敵からの攻撃を受けない、もしくは受けてもダメージを減少するスキルです。


それでは各職の防御スキルを見てみましょう。


魔法使い系

聖魔・・・・・ヒール、ガード、マナリフレッション、エレメントレジスタンス(全属性)、マジックガード
火毒魔・・・ポイズンブレス、マジックガード、マナリフレッション、シール、スロー
氷雷魔・・・アイスストライク、コールドビーム、マジックガード、マナリフレッション、シール、スロー


弓使い系

ボウマン・・・・・・・パペット、アローボム、ドラゴンパルス、シルバーイーグル
クロスボウマン・・パペット、アイスショット、ドラゴンパルス、フリズベルグ


盗賊系

斬り賊・・・メルガード、ブーメランステップ、アサルター、フェイク、ダークサイト、煙幕、チャクラ
投げ賊・・・ライフドレイン、フェイク、ダークサイト

盗賊は回避が他職より桁違いに多い。


戦士系

クルセイダー・・・アイスチャージ、チャージブロー、パワーガード、アキレス、ブロッキング、プレッシャー
ヒーロー・・・・・・パワーガード、アキレス、ブロッキング、シャウト
ダークナイト・・ハイパーボディ、ダークスピリッツヒーリング、アキレス、エレメントレジスタンス(全属性)

他職がよく使うスキル、また育成サイトさんが推奨するスキル振りと私の偏見から挙げてみました。


攻撃一辺倒と思っていたヒーローもパワーガードという接触ダメージを40%カットといううらやましいスキルを持っていますね。


対してダークナイトは受けるダメージを減らさない代わりに、HPを増やそうという発想のハイパーボディと
優秀なんだけどじれったいダークスピリッツヒーリングだけです。
エレメントレジスタンスなんて、そんなに役に立ちませんから(役に立ったの火ブルとバイキング系ぐらいしか思い出せません)。
アキレスは戦士みんな持ってますしね。



ダークナイトの悲劇は、バーサクという瀕死状態で効力を発揮するスキルを使わないといけないのに、ダメージ軽減スキルがアキレスしか無いことです。

さらにはハイパーボディ(HPを増やす)とバーサク(HPを減らす)という自己矛盾との戦いです。


ネクソンはダークナイトが嫌いなのか?



そんなことはないだろう、ダークナイトにも優秀な防御スキルがあるはずだとお思いでしょう。
では、他の防御スキルを説明します。


アイアンウォール・・・グループ員全員の防御力、魔法防御力を20づつアップさせる。
            別名 劣化版ブレス orz

パワークラッシュ・・・相手モンスターの物理攻撃アップを解除させる。
            別名 劣化版ディスペル orz

ダークスピリッツアップ・・レベルMAXで防御、魔法防御、回避率、命中率、攻撃を20秒ごとに上げてくれる
            別名 気まぐれな強化版ブレス orz



聖魔なんて大っ嫌いだ(´;ω;`)



いや、ダークスピリッツアップは使えるスキルです。理由は後述します。


まとめ
○ダークナイトは優秀な防御スキルが少ない。





________________________________________



ダークナイトの狩場限界点





イントロで紹介したようにダークナイトは防御スキルに恵まれていません。
じゃあ、攻撃スキルは恵まれているのかというと、バーサク20程度では、
他職とそんなに変わりはありません。

私以外のダークナイトの方がどのように思っているのかはわかりませんが、
ダークナイトの狩りの基本は「敵からの反撃を受ける前に倒す」だと思っています。

ダメージ軽減スキルがないため、敵からの攻撃を受けることは、お墓に直結しています。
よって、狩場を選ぶ時もバスターもしくはスラッシャーを連発していれば、ノーダメージで
倒せるモンスターの狩場を選んでしまいます。

しかし、同時に乱獲が可能なダークナイトは「接触することも狩りの内」なわけです。

具体的には↓のような状況の際、

ラッシュ前





接触しつつラッシュで集めて・・・バスター(スラッシャー)で乱獲。


ラッシュ後





他人のダークナイトの狩り動画を見ても同じことをしていました。
おそらく私と同じ感覚なのでしょう。




敵との接触を余儀なくされるのに、低いHPとダメージ軽減スキルがアキレスしかない。
そのために、他職に比べて墓を落とす確率が高くなる。
そりゃ、ダークナイトをやる気が落ちるのも頷けます。


私みたいに苦境とか、理不尽な状況が好きな人にはたまらないのでしょうが、
物事には限度ってものがあります。

どうもお墓を落としやすくて、狩りにならないってところに何か問題がありそうです。

ちょっとまとめてみましょう。
私(バーサク発動条件HP4161以下)を基準にして申し訳ありませんが、
比較できるものがないので、御自身と合わない場合はある程度補正してください。

被ダメージとお墓と狩場使用頻度をまとめてみました。


________________________________________
ダメージ2500以上
マスタースケルゴサウルス
スケルゴサウルス
ノーブルドランゴーレム

バーサク発動は1時間の内の5分程度、それでも1時間に2回は墓を落とす。
誘われない限り自分からは行きたくない。
確実に赤字


________________________________________

ダメージ2500~2000
ダークリザードマン
トリプルプテラス
ワイバーン系

ほぼバーサクを発動できるが、常にHPに気を配ってないとすぐに墓を落とす。
誘われない限り行きたくない。
赤字。


________________________________________

↑現在の私の狩場限界点

ダメージ2000~1500
Gファントムウォッチ
バイキング
玉蟲姫
コールドシャーク
シャーク

ほぼバーサクを発動できる上、墓もマップの特性などで落とすことは少ない(ゼロじゃない)。
私はたまに狩りに行くぐらい。
ここから黒字を望める。
________________________________________

ダメージ1500~1000
ファイアブル
ケンタウロス
ボーンクラピ
オハゼ
ホーンバク
ブレイブパイレーツ
マスターデスマリオネット

常にバーサク発動している。墓の心配なく狩れる。
いつもここら辺のモンスターを狩っている。
SDT外でも1時間当たり1Mの黒字。


________________________________________

ダメージ1000~500
ハーピー
ブラッドハーピー
パイレーツ

常にバーサクを発動している。墓を落としたことがない。
いつもここら辺のモンスターを狩っている。
バスター一発で倒せるため、SDTではドロップメル&ETCだけで2Mの黒字。

________________________________________


もちろんテクニックや火力によって人それぞれ事情が違うでしょうし、
黒字<経験値効率の考え方をお持ちの方は、骨竜、卵龍にいつも行くという人もいるでしょう。

あくまでこれは私の場合です。


ざっと 見たところダメージ1500を境に狩り場の使用頻度、黒字、お墓率が大幅に変わってくるように思います。

ということは、ダメージ1500以上のモンスターも
そのダメージを1500以下に落とすことができれば、狩り対象として選べるようになります。

ダメージ1500~1000のモンスターも1000以下にすれば、ありえない黒字、お墓を落とさなくなるということが言えます。



では、どうやってダメージを減らすのか。
答えはアキレスと防御力と回避です。ダークナイトにはそれしかありません。


次項ではアキレスと防御力の重要性について述べたいと思います。


まとめ
○ダークナイトは「反撃される前に倒せ」「接触するのも狩りの内」。

○被ダメージが大きい程、狩り難い。






________________________________________



他戦士とのダメージ事情



同じ近距離職でもダークナイトはヒーロー、パラディンとはダメージ事情が違います。

それはバーサク状態で狩りをしないといけないため、他2職とは狩り中の最大HPに
差がありすぎる
からです。

どういうことかと申しますと。

例えばLv130のヒーローの最大HPは8000ぐらいです。
同じLv130ダークナイトのバーサク状態のHPは
8000×1.6(HB)×0.3(バーサク20)=3840 となり

ダークナイトは他戦士職よりHPが半分以下で狩りをしないといけません。


だから何なんだと言うと、仮にダメージを1000受けるモンスターがいるとします。

同じダメージ1000受けるにしても最大HPが8000のヒーローと
最大HP3840のダークナイトではその脅威が2倍違うということです。

しかも、ご存知のとおりヒーロー、パラディンにはパワーガードというダメージを40%カットする
優秀なスキルがあります。
つまり実際に彼ら2職が受けるダメージは600です。

すると1000ダメージに対する脅威はなんと3.5倍! (26%÷7.5%=3.5)

図1

↑クリックして大きくしてください。
(申し訳ありませんが、画像を小さくする方法をご存知の方、教えていただけませんでしょうか?
パソコンには詳しくないので、これが限界でした。)

ありがとうございます。コメントにて教えていただきました。

ここら辺からも反撃を受けないのがダークナイトの狩りの前提となっているんだなぁと感じますね。



いかん、泣けてきた。

泣けてきた2



2008年7月8日追記

バーサークの修正が入り、バーサーク20の発動条件が35%以下となりました。
それに伴い計算し直すと

8000×1.6(HB)×0.35(バーサク20)=4480

するとダメージ1000に対する脅威も変わり、

22.3%÷7.5%=2.97倍


図4

もともと3.5倍という数字がおかしかっただけで、3倍というのが普通だと思います。
それでも3倍って他戦士と比べ脅威としては段違いなんですよ。
どういうことかと言うと、ダークナイトのダメージ1回分は、ヒーローのダメージ3回分に相当しますから。
以上で追記終わり




くじけてなんていられないられませんよ。
人生何事もポジティブシンキングです。


これは逆に考えると
防御を上げてダメージを減らす価値が他職より3.5倍あると考えられます!


全ては逆転の発想です。防御スキルが無いからこそ、防御力の価値が高まったのです。



一応、戦士以外の近距離職 斬り賊と比較するとレベル130で斬り賊もHP3000程度ですが、
彼らにはダメージ50%カットのメルガードがありますし、ダークナイトとは回避率が桁違いですから防御を上げる必要がないんですよね。


追記 戦士顔負けの防御型斬り賊さんもいらっしゃいました。防御をあげる必要がないということはけっしてありません。




もう一つの近距離職、プリーストに関しては「プリーストカティシャのつぶやき第5話」にて

次項ではどうやって防御を上げるかについて触れたいと思います。
防御力を上げるために何が必要か考えると、あることに気がつきました。
ちょっと震えが来ますよ。メイプルの奥の深さに。



まとめ
○他戦士に比べ接触ダメージの脅威が3.5倍。

○反面、防御力の価値も3.5倍。

○人生何事もポジティブシンキング。



________________________________________


制約と誓約




防御と一言に言っても防御力と回避率に分類することができます。

防御型ダークナイトは、この両方を上げることに尽力します。


防御を上げる方法は4つあります。

①防御力(回避)アップスキルを使う
②防御力(回避)アップ用のアイテムを使う
③防御力の高い防具を装備する
④防御力(回避)アップの書を使い、強化する



一つづつ見ていきましょう。

①防御力(回避)アップスキルを使う

これは具体的にはアキレス、ダークスピリッツアップを指します。
アキレスは言わずもがなで、防御力を上げるよりも手っ取り早くダメージを減らせる上、
ダメージの計算式では防御力とは別の項ですから、防御力との相乗効果が期待できます。

ダークスピリッツアップはスキルレベル20で防御力80上昇。回避30上昇
スキルレベル25では防御力100上昇。回避50上昇。

これを利用しない手はありません。



②防御力(回避)アップ用のアイテムを使う

まだレベルが低くてダークスピリッツアップ、アキレスに振ることができない人も
防御力アップアイテムがちゃんと存在します。

地球防衛軍で売られている「鎮痛剤」です。
効果は防御力+30で30分間持続します。買値600メル。

現在アキレスを上げている最中の私も重宝させていただいてます。

後はルディブリアムで売られている回避アップ薬で10上げることができます。
回避ってそんなの大事なの?って思われるでしょうが、これが変わってくるのですよ。




③防御力の高い防具を装備する。

レベル100防具が実装されて高防御力を簡単に実現できるようになりました。

頭   ニルチェンヘルム(緑) 防御100
    ジャクムの兜(隆盛)   防御90

首   シュピンゲルマンのネックレス防御27
鎧上  ネオス(黒)        防御95
鎧下  ネオスパンツ(黒)    防御84
手袋  コルバン(緑)       防御39
靴   クリセントブーツ(青)  防御60
    アイゼン(紫)       防御55

イヤリング 薔薇イヤリング   魔法防御70
マント ルディブリアムマント  防御43
     ジャールズマント    防御38

青字で示しているのがお勧め防具です。


これだけでも合計 449  なかなか満足ですね。


強化もこれらの防具を用います。


④防御力(回避)アップの書を使い、強化する

ここから先は一生をダークナイトに捧げる人だけが踏み込める領域です。

それはなぜかと申しますと、③で書いたように強化できる装備は戦士の、それもレベル100防具に限られるからです。

つまり他の職業に浮気心を抱いても その強化品を流用できません。

制約と誓約です。
(HUNTER×HUNTERは面白いですね)

ダークナイトをやり続けると誓ってこれを遵守すると決めた人にだけ
他の人が絶対に手にすることのできない防御を得ることができます。

この誓いを破る人はそれ相応の対価を払わないといけません。
(具体的には強化費用、防具代など、さらにそのメルを使って強い強化品を得たかもしれない可能性。)


ヒーローやパラディンに流用できるだろうと思われるかもしれませんが、
彼らがパワーガードを持っていることを忘れてはいませんか?
防御を上げる価値が高いのはダークナイトだけです。

また、そのような考えの人は結局、盗賊、弓、海賊でも流用できる軍手とか頭巾の
強化に行き着いてしまいます。


覚悟はできているか?オレはできている。
(JoJoの奇妙な冒険は面白いですね)


私は生涯ダークナイトの覚悟を決めています。


では、覚悟が決まったところで強化の話に行きましょう。




30%防御の書 物理防御+5 魔法防御+3 命中+1
60%防御の書 物理防御+3 魔法防御+1 

30%書は さりげなく命中が1プラスされるのが、嬉しいですね。


鎧上の強化

30%防御の書 物理防御+5 魔法防御+3 HP+10
60%防御の書 物理防御+3 魔法防御+1 


鎧下の強化

30%防御の書 物理防御+5 魔法防御+3 HP+10
60%防御の書 物理防御+3 魔法防御+1 

さらにジャンプ強化の書も非常に重要です。

30%ジャンプの書 ジャンプ+4 回避+2
60%ジャンプの書 ジャンプ+2 回避+1

防御に特化すると言っても何も物理防御だけが防御だけではありません。
回避も十分に防御となり得ます。
それにやっぱりジャンプも欲しいですしね。


手袋

そういう観点から手袋の強化はすばやさの書を使います。
防御の書もありませんし。

30%素早さの書 命中+5 DEX+3 回避+1
60%素早さの書 命中+2 DEX+1 

HP強化するより命中率を上げる方がボス戦を考えるとメリットが大きいかなと思います。


イヤリング

30%防御の書 物理防御+3 魔法防御+3 命中+1
60%防御の書 物理防御+1 魔法防御+1 

何と30%は命中+1されるんですね。
全く知りませんでした。




こちらも素早さの書を使いますが、移動速度強化用にひとつ必要ですね。

30%素早さの書 回避+5 命中+3 移動+1
60%素早さの書 回避+2 命中+1 

回避の5がすごいと思えるようになってきたら、だいぶ防御特化脳になってきていますね。

30%移動速度の書 移動+3
60%移動速度の書 移動+2

深海以外では移動速度も重要な狩りファクターですので、移動用の靴も作ります。


マント

30%防御の書 物理防御+5 魔法防御+3 HP+10
60%防御の書 物理防御+3 魔法防御+1 




ここで一つの結論を得ることができます。

それは素DEXを抑えている人は防御力特化が難しいということです

どういうことかと言うと、例えば素DEXを30ぐらいに抑えている人は命中率のほとんどを
装備に頼っています。茶頭巾、青焼き栗帽子、DEX冒険マント、DEX鎧下というように。
いずれも防御は低いです。鎧下ぐらいでしょう。

火力が欲しいのに、命中軍手を装備すると本末転倒ですから、そこは命中軍手に
変えるわけには行きません。




そこで仮に防御に特化した防具を装備した場合の命中率と素DEXをグラフにしてみました。


比較条件

レベル160

ダークスピリッツアップによる命中率+20
プログレス20
兜、鎧上、鎧下、マントは防御強化 
(Lv100防具には初めから命中率とDEXが付与されているので命中率+8)

手袋は火力強化
イヤリング DEX+10
顔装備 DEX+10
目装備 命中率+10
靴    命中率+10
以上の強化品を装備した場合の命中率を算出しました。

図3

(注 これは条件どおりの装備を行った時の数字です。DEXは75ないといけないという訳では、
   ありません。人それぞれの強化状況で必要DEXの数字は変わります。)

↑クリックして大きくしてください。



DEX70以下はファイアブルに必中する139に及びません。
逆にDEXが高い人は防御強化しても楽にファイアブルに命中します。

低DEXの人達ももちろん、兜などの防御強化をあきらめれば、おそらく必中値まで命中を上げることができるでしょう。
しかし、これはダークスピリッツアップで命中率+20が足されています。
Lv150以下の人はこれ以上の過酷な強化競争を強いられることになります。
がんばってくださいと言うしかありません。


素DEXを抑えるということは、それだけ自分の可能性を絞っているわけです。

これも制約と誓約の一つと言えるでしょう。

防御力強化の可能性を捨てる変わりに火力を得ているのですから。
さらに火力に特化するってことは、それだけ死にやすいという対価を払っています。

よく素DEXを上げて後悔している人がいますが、それは火力至上主義の価値観でものごとを
見ているからです。
防御力の重要性に気づけば、素DEXは高ければ高い程、防御に特化できるわけです。

だから、素DEXを上げすぎて後悔する必要はまったく無いんですよ。



火力が高いとできることも多いということは重々承知しています。
火力を上げることに価値観を見出している人を批判している訳ではありません。
DEXが高くて嘆いている人の救いになればいいと思い、上記の文章を書きました。


まとめ
○防御力はアキレス、スピリットアップ、Lv100防具、強化書。

○ニルチェンヘルムのダサさにも愛着を持って。

○DEXが高いほど、防御力特化しやすい。





________________________________________



オーバーキルと防御装備の運用



さて、これで防御力を上げることができたはずです。

次は防御装備の運用について話さないといけませんね。

ダークナイトの狩りは、少ない攻撃回数でモンスターを倒す方がはっきりと
効率面でもお墓のドロップ率でもいいのは確かです。


ですので、最大火力で1撃確殺なら防御力無視で狩りをした方がいいです。
実際、私もハーピーは最大火力で1撃確殺ですので、防御装備は使いません。
使えませんが正しい表現でした。防御装備使うと2発確殺ですから。



次は最大火力装備でも命中防御装備でも攻撃回数が変わらない場合です。

オーバーキルという言葉を聞いたことはありませんでしょうか?

火力が強すぎて、モンスターのHP以上のダメージを与えている状態のことです。
これって非常に無駄なんですよ。
余分な火力を防御に回せば、黒字面でもお墓面でも非常に効率がよくなります。

図2

↑クリックして大きくしてください。

具体例をファイアブルで説明しましょう。

ファイアブルは攻撃4000以上あれば、2発確殺です。
レベルが上がるor武器を強化するorメイプルヒーローを覚えるなどで、
火力が少し上がっても2発確殺は変わりません。
そこで、余剰分の火力装備を防御に回すのです
グラフでは鎧上、攻撃軍手、マントを防御装備に変えることができます。

そうすると、一気に防御が上がり、ダメージが素敵なことになります。

低ダメージ




まとめ
○オーバーキルの余った火力を防御力、機動力装備に変えよう。



________________________________________



りくどう
六道のダークナイト


ここまで説明をしましたが、私はまだ防御力を上げる価値がありそうだな ということしか
紹介していません。


やはり本当に墓を落としにくいのjか、黒字を増やすことができるのか、
効率は変わらないのかを確かめなくてはいけませんね。





まず、武器庫において最大火力の装備で20分×2回狩りを行いました。
数値はその2回分の平均値です。

________________________________________

防御 42


低防御

低防御ステ


最大被ダメ 1565


獲得経験値2.30M

焼き豚使用数101個



続いて防御力中程度の装備で狩ってみました。


________________________________________

防御 249


中防御

中防御ステ


最大被ダメ 1419


獲得経験値2.46M

焼き豚使用数88個



________________________________________

続いて2発確殺に最低限の火力だけ残して、防御装備とアキレスを使い、同様に狩りを行いました。

防御 465


高防御

高防御ステ


最大被ダメ 1280

獲得経験値2.48M

焼き豚使用数59個 (比較 防御42では使用数101個)



獲得経験値が変わらないことから、手を抜かずに狩りをしたことを分かってもらえるはずです。
(全く同じなのはちょっとびっくり。腕が変わらないんですね。)
そして、焼き豚使用数がだいぶ減っております。



どうして回復薬の使用量が減ったのかを説明します。

私は普段の狩りで次にダメージを受けたら死ぬ状態となってから、回復薬を使います。
私はその状態をデッドラインを越えると言っていますが、
防御力を上げるとそのデッドラインを下げることができます。

仮にHPが3000になった時、低い防御力ではもう一度ダメージを受けた場合、
回復薬を使わないと死んでしまいます。
(HP3000-1560ダメージ=HP1440←デッドライン以下。もう一度接触すると死ぬ)

下の図ではもう一度ダメージを受けると死んでしまいます。
この時点で回復薬を使います。

デッドライン

↑もう一度接触したら、死んでしまう。




しかし、高防御力だと2回ダメージを受けないとデッドライン以下にはならないため、
1回ダメージを受けただけでは、回復薬を使わずに済みます。
(HP3000-1280ダメージ=HP1720←まだ回復薬使わなくて済む)

下の図ではもう一度ダメージを受けてもまだ死なないですね。

デッドライン2

後1回ダメージを受けてもまだ死なない。



ダークナイトのHP強化は足し算ですが、防御強化は掛け算になります。


デッドラインを越えた状態が少ないため、回復薬を使う回数も減り、
さらにダークスピリッツヒーリング25のおかげで、自然回復で十分な場合が多くなります。
このため、回復薬の使用量が減ったのです。

また回復薬の使用回数はそのままデッドラインを越えた回数ですので、
防御を上げたことによって墓の確率が4割(59/101)も減っていますね。



たかだか20分でこんなに顕著に変わってくるとは、予想だにしていませんでしたが。

まだ信じられない、カティシアがわざと手を抜いたと思われる方は、ご自身でお確かめください。

きっと防御力のすごさを実感されると思います。



まだ私のレベルは145と低いためアキレスもスピリッツアップも効果が出るほど上げられていません。

今後もアキレスを上げるつもりですので、一定のレベルになったら時給を計測して
報告したいと思います。


報告予定 レベル
アキレスレベル10時
アキレスレベル20時
アキレスレベル30時
アキレスレベル30  ダークスピリッツアップ20時
アキレスレベル30  ダークスピリッツアップ25時






狩場によって鉾か槍か変えれるように、狩場によって攻撃装備か防御装備かもこれからは変えて行こうと思います。


命中率、攻撃力、機動力、防御力、槍、鉾の6つを狩場に合わせて最適な装備にカスタムアップするなんて他職にはできない楽しみです。

これがダークナイトの隠された魅力の一つ 六道(りくどう)のダークナイト です。
全ての道をバランスよく習得してもいいですし、一つの道を極めるのも宜しいかと思います。




伝説のドラゴンナイト、こちゃんさんは両刀という概念を作り上げました。
私の 六道 は、彼に近づくことができたでしょうか?



まとめ
○防御を上げても、経験値効率は変わらないし、
  黒字は増え、お墓の危険も減る。

○防御力はデッドラインを下げることができる。

○狩場に合わせて装備をカスタムアップできるのは、ダークナイトだけ。

○六道を習得するも良し、一つの道を極めるも良し。



________________________________________




防御型ダークナイトの今後

今後、ダークナイトに大きな変革が訪れるのは、バーサク30が入手できる環境になったときです。


バーサク30の入手難易度次第によると思いますが、
私の全く根拠のない予想では、ホーンテイルが撃破可能ぐらいまで再実装されてから、
私ぐらい弱いダークナイトが手に入れるのは、おそらく1~2年ぐらいかかると思っています。
バーサク30が数十Mまで価格が下がるのは、そのぐらいの時間がかかるでしょう。

シャープアイズみたいに通常モンスターがドロップするようになることは、おそらくありません。
私がネクソン開発陣ならそんなことはしません。



仮にバーサク30が手に入っても例の価値を求める計算式では、まだ2.6倍という数字です。

余談ですが、防御力の価値はもともと2倍程度だろうと予測していました。
3.5倍という数字を見たときは苦笑してしまいましたよ。
ダークナイトの不憫さに。


2008年7月8日追記
バーサークの修正が入り、バーサーク30はHP45%以下で発動することになりました。
バーサーク30ではダメージの脅威が2.3倍になります。
6行ぐらい上に書いているように、もともと2倍程度だと思っていました。
おかしいと思ったんですよね。3.5倍とかいう数字が。やっぱり修正が入って2.3倍と予想通りになりました。
それで防御に対する評価が変わるかと言うと、そんなに変わらない。現状維持でGOサインです。
というのも、ダークナイトはダークスピリッツヒーリングの効果を十二分に引き出したいため
1発耐久状態で狩りをすることがほとんどです。
とすると、HPがいくら増えようがダークナイトの狩り事情を考えると、
防御力を上げるという選択肢は十二分に残っています。




ですので、防御力を上げても、けっして損することはないはずです。
さすがに絶対大丈夫とはまだバーサーク30になってもいないのに断定できません。

バーサーク30となってから、もう一度再考したいと思います。


これで防御型ダークナイトの説明を終わります。
あなたのダークナイトの可能性を少しでも広げるお手伝いができたでしょうか。




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。